医療はもっと別の角度からも進化していくべき

今は医療の進化が目覚ましく、不治の病も治せるようになってきて称賛されています。
しかし、私はそんな医療に対して一つ不信に思うことがあります。

確かに技術は凄くなってきています。それによって救われている人たちも多くいます。しかし、何故そんな重病ばかり研究するのですか?
もっと簡単な、肩こりや腹痛を直せないのは何故でしょうか。

このような病気や症状というのはもっともっと多くの人が抱えている問題です。病院へ通って何十年という人もいて、仕事に支障をきたす人だっているのです。

私は、医者が命にかかわらないような痛みなら大丈夫だというような意味の言葉を発したと人づてに聞いたことがあり、大変ショックでした。

死なないならいいのか。そうではないと思います。

死にたいほど辛い症状を抱えている人がたくさんいる中、それを救うのが医者ではないのでしょうか。生きていればいい、私はそんな風には思いません。

だから、もし今後医療がたくさん称賛されてすごい技術が発明されたとしても、私の疑問は残ります。

どうか、医療にかかわる人たちには健康を損なうことの意味を知ってほしいと思います。

健康でなければ医者でいられいない人たちにはわからないのかもしれませんが、せめて知ろうとしてほしいです。