苦手だった病院が、気軽に行けるようになりました。

子供のころから病院は好きな場所ではなかった私。

具合が悪いのに、逆に違う病気をうつされそうで。
それに、何時間も待たされた挙句、ろくに見もしないで話も聞いてくれなくて、薬だけ渡されたこともあります。

そいう経験もあってか、病院の印象は良くありませんでした。

でも、最近ある婦人科の病院だけは好きになりました。

私の住んでいるところでは、一定の年齢になると、毎年いくつかの項目で市が健康診断の費用の一部を負担してくれます。
私も何年か前から通知のはがきが来るようになり、婦人科の健康診断を受けるようになりました。

最初に行った婦人科は、私の病院嫌いを増長させてしまったようです。

受付の方も感じが悪く、先生も偉そうで、建物は新しくて素敵な音楽が流れているおしゃれな病院だったのですが、とても緊張しました。

二度と行かないと思いましたが、ほかにどこにあるのかわからなくて、次の年も同じところに行って同じように嫌な気持ちをして帰ってきました。

どうせ、同じ検査を受けるのだからどこも同じだと思っていたのでしょうね。

でもさすがにうんざりして、知人に紹介してもらった別の婦人科に行ってみたら、同じ検査とは思えないほど簡単でスムーズで、予約していなくてもすぐに診てもらえて、先生も受け付けの方も優しくてびっくりしました。

病院はちょっと古いのですが、以前行った病院にはない明るさを感じました。

産婦人科なので妊婦さんも来ていたのですが、先生が一人一人に「頑張ってください」と声をかけていたのが印象的でした。

やっぱり病院選びって大切ですよね。