病院での手術の際の神経モニター

大きな手術の際には、神経モニターを使って行うらしいのです。

脊椎ですとか、関節の手術において、病院側は最善の方法で手術をするということなのです。

手術をして頂く側は、本当はメスなどいれてなど手術したくはないのですが、色々な種類の痛みや辛さが体にでて、その期間も長く続くため病院にお願いするのです。

患者側も、できるだけ手術などしたくないですから、病気が治る方法を色々と考えたり、治す為に医療機関などを探したりするのです。

交通事故などで、不慮の事故となり体にダメージをうけた場合なども、早めの時間の手術をようする場合もあると思います。

患者は特に急ぐ手術でない場合など、自分の病気にあったところでと、病院探しもするかたもいらっしゃるでしょう。

私なども、名医がいる病院の本や、辛い症状がある体で、日本の中で私にあう病院探しをしたことがあるのですが、その頃私はまだパソコンなどを使ってなく、パソコンの上での探し方が出来ませんでした。

結局名古屋の名城病院での手術を決めましたが、手術において専門の先生方がスタッフの方とチームを組んで、体の様子を神経モニターを見ながら、私の神経をだめにしないように脊椎に向かい手術して下さったのです。