医療事務と医師事務作業補助者との違い

最近では求人でも見掛ける事のある医師事務作業補助者。
医療事務とは異なる仕事をします。

急性期病院である事と、他条件をクリアした病院で医師事務作業補助体制加算が算定出来る事から職種として確立されつつあります。
しかし、算定出来る病院が一部の為、狭き門ではあります。

仕事内容としては、あくまでも医師の事務的サポートです。
文書作成補助業務、診療録への代行入力、その他です。
医療事務とは異なり、診療報酬の請求や窓口業務などはやりません。
秘書的業務も行いません。

あくまでも【専従】である事も条件となっている為、他の仕事との兼務は認められません。

実際は、かなり曖昧な立場で仕事をしているケースもあるようです。
看護師の手伝いであったり、医療事務と同じに思われていたりで大変やりにくさを感じる職種だと思います。

そして医療事務同様、資格がなくても出来る仕事ですが、どちらかと言えば、タイピングの速さや正確さ等が重視されます。
代行入力も業務としてありますので、医療用語は必須です。

クリニックや一般病院でも医師の事務的サポート業務は存在します。
基準を満たしていない医療機関では加算が取れないので医師事務作業補助者を雇用する必要がありません。
殆どの場合、医療事務が対応している事が多いです。