日曜の午後に病院を探すのはかなり苦労しました

つい先日のお話なのですが、我が家のもうすぐ2歳になる息子が土曜日に体調が悪くなってしまいました。

具体的には何だか普段に比べて体がダルそうで、気付くと座布団の上にゴロンとして休んでいるような感じです。それと便の調子もやや軟便でした。

ただ気持ち的にはとても元気でしたし、食欲もかなりありましたので、「あ、週末で疲れが出たのかな?」と思い、特に病院には連れて行かずに、子ども用のお薬『救命丸』を飲ませて様子を見ることにしました。

しかし、その日の夜中に息子は珍しく夜泣きをし始めてしまい、しばらくぐずってしまいました。なので一応熱を計ってみたところ38.7℃ありました。

私は「あ、早めに病院へ連れて行くべきだった」と反省です。

その後は水分補給だけさせて取り敢えず息子の背中をトントン叩いて寝かしつけをして休ませました。

ですが何故病院へ連れて行かなかったかと言いますと、実は息子は熱を出しやすい体質で以前にも何度か同じようなことがありました。ただ「熱を出しやすいけれど翌日には熱が下がっている」というのが今までかなり多かったので、今回も様子をみたのです。

そして翌日の日曜日の早朝、熱を計ってみると…下がっていました。
私は「あ、やっぱりか」と病院へ行くことは止めることに決定しました。

しかしです、(子どもにはありがちなのかもしれませんが)お昼辺りにってまた熱が上がってしまいました。

先程も言った通り、その日は日曜日、しかも時間は午後になる間際です。大体の病院は日曜休みですが、私が掛かり付けにしている病院は日曜もやってはいるのですが、午前診察のみなのです。

こればかり仕方ありませんので、インターネットで探しました。そして、30分後、車で20分ほどのところに午後もやっている病院を発見しました。(内科・小児科です。)

すぐに車を走らせ、無事診察が終わり、特にインフルエンザなどでもない風邪と分かり安心しました。

そんな感じで私が学んだのは、「今後は少しでも息子の体調が悪そうなときは迷わず病院へ連れて行こう」です。

今回はかなりバタバタしてしまい疲れましたので、真面目に「早め早め」にしていきます。

以上、長々と書いてしまいましたが、息子の熱が日曜の午後に出てしまい病院を探すのにバタバタしたお話でした。